前へ
次へ

喪服のスタンダードはこうです

喪服は、葬儀や法事において着る服のことです。
色は、黒を基調とするべきですが、ダークな色であれば構いません。
しかし、親族や会社役員、自治会役員などは黒色が主です。
中には、白色のブラウスで、男性は黒のネクタイで女性は真珠のネックレスが一般的です。
華美なアクセサリーは控えます。
靴下やストッキングも黒色となります。
以前は、白色の和服が主流でしたが、西洋の文化との交流が進み、現在のスタイルとなっています。
学生の場合は、学校の制服を着て参列をするので、それが喪服の代用となります。
小さな子ども達も黒っぽいブレザーやカーディガンを着ることが一般的です。
喪服は、フォーマルスーツの場合が主ですが、ダークスーツでも親族等以外は可能です。
使用した後は、清める塩を振ってから自宅に入ります。
さらに、婚礼等の祝い事でも着ることを考えて、線香の匂い消しのためにもクリーニングに出しておくことが無難です。
滅多に着用しない服ですから、事前にサイズの確認をしておく必要があります。

Page Top