前へ
次へ

仕事帰りに直行で喪服がない時の注意点

急な特報でお通夜に直行する場合、喪服が用意できないことがあります。
できれば仕事を早退させてもらい、喪服に着替えてから向かうのが理想ですが、時間の都合でそのままの参列になることもあります。
一般参列者は平服で参列しても問題はありませんが、やはり最低限のマナーを守るようにしましょう。
まず、スーツの場合。
派手ではないのでそのままでも良いですが、ネクタイと靴下を黒にするくらいしたほうが良いでしょう。
次に作業服や私服の場合。
作業服は汚れを払い、派手な色は避けてください。
また私服も、直行したとはいえ派手な色は良くありません。
白のシャツに黒の上着やスカートもしくはパンツで、靴下やストッキングも黒にしてください。
最近では100円ショップでも黒の靴下やネクタイが置いてあることが多いです。
仕事帰りだからとはいっても、そのままではなく、やはり最低限は着替えを購入するなどして失礼がないようにしたいです。
駆けつけてくれたと感じれば非常識とも思われませんが、汚れていたり目立つ格好をしているなら、一度家によって喪服に着替えるようにしてください。

Page Top